music space K-onn/Cafe Comodo

イベント/楽器の紹介、K-onn/Comodoの日常、ひとりごとなどを気ままに記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年11月イベント情報!!

11月1日(日) / 長瀬 良司 × 佐藤 正道 DUO
当店講師でもあり、人気上昇中のトランペッター 長瀬 良司 と職人ジャズピアニスト 佐藤 正道 のジャズライブです。          
 長瀬 良司(tp)  佐藤 正道(pf)
 ライブチャージ/¥1,000
 open 13:30  start 14:00

11月7日(土) / 大倉 尚士 × 湯田 大道 Duo 
甲陽音楽学院で講師を務める二人のアグレッシブなジャズライブです。
 大倉 尚士(pf)  湯田 大道(g)
 ライブチャージ/¥1,200
 open 19:00  start 20:00

11月8日(日) / アフリカン・パーカッション・ワークショップ
セネガル人パーカッショニスト、Amanが来店。
心に響くアフリカンパーカッション ジャンベ をみんなで力いっぱい叩きましょう!
 時間 14:00~15:30
 料金 ¥2,500
 定員 10名
 場所 music space K-onn 2F グループレッスンルーム

11月13日(金) / mikiko
東海3県を中心に活動するジャズ・ヴォーカリスト mikiko 率いるジャズカルテットです。
 mikiko(vo)  杉丸 太一(pf)  魚谷 のぶまさ(b)  猿渡 泰幸(d)
 ライブチャージ/¥2,500
 open 19:00   start 20:00

11月14日(土) / ケニー・バレタ・カルテット
毎月楽しいジャズを提供する恒例ケニー・バレタ・カルテットです。
楽器持参の方は飛び入りも大歓迎です。
 ケニー・バレタ(g)  市川 清(pf)  加藤 恭輔(b)  マッスグ・ローチ(d)
 ライブチャージ/¥800
 open 19:00  start 20:00

11月15日(日) / 平光 広太郎 ドラムレス・トリオ
人気若手ピアニスト 平光 広太郎 がドラムレスでお送りする新しいトリオです。
ピアノトリオとは違った選曲、アレンジでお送りします。
 平光 広太郎(pf)  加納 奈美(as)  谷井 直人(b)
 ライブチャージ/¥1,500
 open 13:30  start 14:00

11月17日(火) / ミュージシャンのためのトータルトレーニング講習会 2009後期 第7回
 ☆緊張していつもどおりに演奏できない。 ☆暗譜が苦手。頭が真っ白になる。☆けんしょう炎、腰痛などがある。
 ☆短い練習時間で上達したい。 ☆個性を伸ばし、自分らしく演奏したい。 ☆演奏技術レベルを上げたい。

など、あなたのお悩みについてレッスンします。
すべての楽器(歌唱も含む)に対応したレッスンです。
プロ・アマ問わず、音楽が好きな方、音楽にお悩みをお持ちの方は、一度是非参加してみませんか?
ご自分の楽器を持って講習会にお越しください。

 日時:10月20日(火) 19:30~21:00 テーマ:からだの使い方
 場所:Cafe Comodo
 参加費:¥2,000
 定員:10名
 講師:花尾 律子((トータルトレーニング講師・フルート奏者・作曲家)
 ※軽いストレッチが出来る動きやすい服装でお越しください。

11月21日(土) / Beaujolais Wine Party
地酒とワインのお店「マルマタ」水野さんのセレクトによる美味しいワインをお楽しみいただきます。(貸切)
※Comodoは15:00~にて閉店させていただきます。

11月22日(日) / 側島 万友美 ドラムレス・トリオ
人気サックスプレーヤー 側島 万友美 がドラムレスでお送りするトリオです。
 側島 万友美(as)  砂掛 康浩(g)  平光 広太郎(pf)
 ライブチャージ/¥1,500
 open 13:30  start 14:00

11月23日(月・祝) / 岡安 芳明 × 吉田 桂一 Duo Pick Up Live!!
5月にも素晴らしい演奏を聴かせてくれた、日本でもトップレベルの技術を持つジャズギタリスト 岡安 芳明、 ストレートアヘッド・ジャズの実力派ピアニスト 吉田 桂一 の愛知ではなかなか観られない貴重なデュオが 東京からやってきます!
この値段、この距離でなかなか観られないLiveです。
予約受付中!!
 岡安 芳明(g)  吉田 桂一(pf)
 ライブチャージ/予約¥3,800  当日¥4,000
 open 13:00   start 14:00

11月24日(火) / FIMA
ベテラン 市川 清 率いるフルート・ジャズ・カルテットです。
 市川 清(fl)  藤山 綾希子(pf)  浅井 憲光(b)  森 信二(ds)
 ライブチャージ/¥500
 open 19:00   start 20:00

11月28日(土) / 飛び入り演奏会!
唄、ピアノ、ギター、サックス、ウクレレ等、楽器・ジャンル自由の参加型イベントです!
 プレイチャージ/¥500
 open 19:00  start 19:30

11月29日(日) / Two × Three feat. Junko
当店講師 石黒 範昭 氏率いる、マイルス、コルトレーン、ロリンズ、ブレイキーなどHARD BOP全盛期に誕生したJazz Player達のオリジナル曲に果敢に挑む、一風変わった編成のJazz Trioです。
今回はジャズヴォーカリスト Junko をフィーチャーしてお送りいたします。
 石黒 範昭(b)  林 祐一(pf)  原 務(g)  Junko(vo)
 ライブチャージ/¥1,800
 open 13:30  start 14:00

・2009年11月のお休みです。
2(月)、4(水)、11(水)、16(月)、17(火)、18(水)、25(水)
※11月3日(火)は祝日のため営業いたします。
※11月21日(土)は貸切のためComodoを15:00にて閉店させていただきます。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 23:59:30|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編み物ワークショップ : knit cafe : のお知らせ

comodoに作品を置いてくださっているニット作家 ucono(おのゆうこ)さんによる
編み物のワークショップ「knit cafe」のご案内です。

今回はかぎ針で小さなブローチを作ります。
上品なローズのブローチ、ストールに帽子に活躍しそうです。
初心者の方でも先生が丁寧に教えてくださるので
ぜひ挑戦してみてください!

knit cafe1

knit cafe2


+ 開催日時  11月5日(木)14:00~16:30
       11月7日(土)14:00~16:30

+ 参加費   \1,500(1ドリンク付)材料費別

+ 材料費    \500

+ 持ち物   かぎ針5号(無い方は予約時にご連絡ください)

+ 色について  ピンクかベージュよりお選びください。
         お申し込み時にお選びください。


+ 講師    ucono(おのゆうこ)

+ 予約締め切り 各時間、先着5名様にて締め切らせていただきます。

+ お時間について 開始時間については可能な限りご相談にのります。
         一度お問い合わせください。


先日の : knit cafe : の課題、シュシュを編んでいただくことも可能です。
そちらをご希望の方は予約時におっしゃってください。


+ comodoでは毎月2回、木曜日の夜、編み物教室「knit club」も開催しております。
 ここでは、ご自分の編みたいものを先生に教えてもらいながら編んでいただいています。
 興味がある方はぜひお問い合わせください。
 

どうぞ、気軽にご参加ください!
不明な点についてはお問い合わせください。

Cafe Comodo
担当 / 半田

------------------
music space K-onn/Cafe Comodo
〒486-0804
愛知県春日井市鷹来町4929
0568-89-0301
http://www.k-onn.com
mail@k-onn.com

K-onn open 11:00~22:00
cafe Comodo open 11:00~19:00

  1. 2009/10/30(金) 00:10:59|
  2. Cafe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月の「Flower at classroom 」

10月の「Flower at classroom 」終わりました。

今月はかわいいおもちゃカボチャも入って
ハロウィンを意識した秋のアレンジでした。
バスケットからこぼれんばかりの秋、秋、秋...

flower091027-1_convert_20091029234439.jpg

flower091027-2_convert_20091029234505.jpg

来週からはぐっと冷え込むようです。
とうとう冬。
11月のテーマは「冬のスタイリッシュアレンジ」です。

---------------------------------------

▼内容  冬のスタイリッシュアレンジ

▼開催日 11月24日(火) PM 12:00~14:00に入室
     11月26日(木) PM 12:00~14:00に入室
     ※生徒さん募集中です。
     (体験レッスンございます。気軽にお問い合わせください!)
            
* お申し込みは1週間前までにお願いいたします。
* お休みのお知らせは開催日前週木曜日午前までにお願い致します。
 以後のキャンセルの場合は花材のお渡し、もしくは完成作品のお渡しになります。

▼参加費  4000円(1ドリンク付き)
▼持ち物  花切りばさみ、ハンドタオル、持ち帰り袋

▼講師   Swallow  坂本 文先生

ご参加お待ちしております!

  1. 2009/10/29(木) 23:56:46|
  2. Cafe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Halloween Party 2009 のお知らせ

また今年もかぼちゃの季節がやってまいりました。
飛び入り演奏参加者募集中!!

Halloween Party 2009 Flyer
  1. 2009/10/26(月) 23:54:58|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルガンと唄のライブ at 撞木館

10月21日(水) / オルガンと唄のライブ at 撞木館
稲垣英子(vo)  殿岡ひとみ(org)

20091021 稲垣英子殿岡ひとみ撞木館20091021 稲垣英子殿岡ひとみ撞木館

あかりのアーティスト 梶田良 氏と 音楽のコラボレーションが、名古屋 撞木館(撞木館)で行われました。
 

20091021 稲垣英子殿岡ひとみ撞木館

お茶、ケーキと共に畳の上で聴く唄声とオルガンの音色は格別でした。


20091021 稲垣英子殿岡ひとみ撞木館

中庭に臨む廊下のガラスに映る人影が波打っていて、ガラス戸の向こうの明かりとの対比が何とも趣のある距離感を演出していました。

次回は11月11日(水)、マリンバとうたによる童謡のライブです。

  1. 2009/10/24(土) 17:07:23|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡安芳明 × 吉田桂一 DUO ライブのお知らせ

ライブのお知らせです。

yoshiaki okayasukeiichi yoshida

以前からHPには告知しておりますが、5月にも素晴らしい演奏を聴かせてくれた、日本一美しい音色でスイングするジャズギタリスト 岡安芳明、 ストレートアヘッド・ジャズの実力派ピアニスト 吉田桂一 の、愛知ではなかなか見られない二人が東京からやってきます!
この値段、この距離でなかなか観られない、玄人好みのLiveです。
音源では岡安さんのアルバム「Gentle Moods」で競演しています。
予約受付中!!

岡安 芳明(g)  吉田 桂一(pf)
日時:11月23日(月・祝)
    open 13:00  start 14:00
ライブチャージ:予約¥3,800  当日¥4,000


岡安芳明 プロフィール

1962年7月12日生まれ東京都生まれ
宮之上貴昭氏にジャズギターを師事し、23歳でプロ入りする。
1992年、今津雅仁のアルバム『STICKY』に参加。
1993年、Paddle Wheel Labelより初リーダーアルバム『Midnight groove』を発表する。
その後、同レーベルより数々のリーダーアルバムを発表し不動の人気を得る。
現在は自己のレギュラートリオの他、「東京名曲堂」等で都内をはじめ全国のライブスポットで活躍中。
岡安芳明はを代表する正統派ジャズギタリストの一人である。
そのプレイは60年代のケニーバレルを彷彿とさせる。この時代のバレルはすでに確立した自己のスタイルから、さらに次の段階へ進もうとする勢いの真っ只中にあった。 現在の岡安芳明にもまさに同じような勢いが感じられる。そこには彼が深く敬愛するケニーバレルのコンセプトを継承しようとする姿勢が垣間見える。岡安芳明の印象は一見もの静かで派手さは無い。しかしその落ち着いた風貌からは考えもつかない熱っぽい演奏で観客を魅了する。ジャズギターを愛してやまない彼独自の深みのある澄んだ音色と、よく歌うフレーズが聴く者の感性を揺さぶり捉えて離さない。


吉田桂一 プロフィール

1963年8月23日東京都練馬区生まれ
4歳よりクラシック・ピアノを習い、17歳より独学でジャズ・ピアノを習得。
22歳の頃からプロとして演奏活動を始める。
宮之上貴昭&Smokin‘, 村田浩 The Bop Band,大井貴司&Super Vibration,多田誠司4、山中良之4、岡安芳明5、福村博Up Town JAZZ Band等に参加。
1988年、インドのジャズ・フェスティバル『ジャズ・ヤトラ』に出演。
1991年、サリナ・ジョーンズの東京公演で伴奏を務める。
現在は自己のトリオの他に、出口辰治4, 荒巻茂生BAND 等で活動中。 2002年 初リーダーアルバム 『 Music Forever』を10年近くに渡って続けている レギュラートリオ(BASS 佐々木悌二、DRUMS 廣江靖)でレコーディング、What’s New Recordsよりリリース。
2005年 セカンドリーダーアルバム『I'm gonna be Happy!』をリリース。
50-60年代のハードバップ期、モダンジャズの原点と言えるパド・パウエル直系、ソニー・クラーク、トミー・フラナガンへと引き継がれてきたピアニズムが21世紀、新しい世代に開花、そして新たなファンを獲得しつつある。今、忘れかけていた力強くスイングするピアノ、トラッドでかつ新鮮。多くのミュージシャンとの共演で培ってきた吉田桂一のpianoは、時に優しく、聴く人をジャズの魅力へ引き込む真のジャズの醍醐味が堪能できる。

  1. 2009/10/23(金) 01:07:37|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルーツティー

10月18日(日) / naco クインテット
naco(vo)  辻田裕樹(ts)  岡本真吾(g)  羽賀雄二(eb)  浅田亮太(d)

今回のnacoスペシャルドリンクはオレンジ、りんご、バナナのフルーツティーでした。

20091018 naco5


飛び入り演奏会やI'sで唄っていたnacoさんが、「ジャズを唄いたい」と言い出したのがちょうど一年前。
一年経ってこうして自分のバンドを率いてライブをしてくれました。
この一年で色んな挑戦をしてきた結果なんだろうなと思います。
メンバーはK-onnでもおなじみのミュージシャンばかりです。
そういえば、辻田さんがはじめてK-onnでライブしてくれたのもちょうど一年前のことでした。
いいサックスプレーヤーです。
練習量も半端じゃないです。

一回ジャズバーでも見てみたいですなぁ。

20091018 naco5


rinちゃんが考えたフルーツティー、あったかくて美味しかったです♪

20091018 naco5

  1. 2009/10/19(月) 20:15:24|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GAP

10月17日(土) / GAP
河本 真里(pf)  吉田 奈津(pf)

今年の発表会の打ち上げで盛り上がり結成された、二人のピアノ講師による連弾デュオ「GAP」、堂々のデビュー!!

20091017 GAP

こんなもの(フライヤー)まで作っちゃいました。

奈津先生、一体いくつめのユニットでしょうか…。

本当にエネルギッシュな先生です。

お二人の練習中は笑い声が絶えませんでした。

いや、華のあるユニットです。

ラジオ体操の連弾を初めて聴きました。

次は「ラジオ体操のうた」から第1、第2までリクエストします。

20091017 GAP


真里先生はオメデタのため、一旦K-onnでのレッスンは終了となります。

とても真面目で、自分に厳しく、優しさを持ちながら言うべきことをしっかり言う先生で、生徒さんにも強く支持されていました。

K-onnをオープンする時にインターネットによる講師募集をしたところ、在学中だった真里先生がカナダからメールを下さり、知り合い以外では初めての先生となりました。

色々と思い出もできましたね。

あと2回ありますが、ひとまずお疲れ様でした♪

またGAPで復活されることを心から願っています!

20091017 GAP

あっ、奈津先生はまだまだよろしくお願いしますね!


  1. 2009/10/19(月) 17:55:41|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乗鞍岳

今回の登山は乗鞍岳でした。

標高2,700mまでバスで行けるので、頂上(3,026m)までは1時間30分ほどとハイキング気分で登れます。
バスで移動の間は雲海や北アルプスも綺麗に見えたそうですが、僕はグッスリ眠っており、見逃してしまいました(>_<)
花は枯れ、紅葉にはまだ早く、頂上は雲に覆われていて、景色に期待ができる状態ではなかったですが、今年は最後となる3,000m峰なので、運動として楽しんで登るだけです。

季節がいいとこのあたりはお花畑で彩り豊かで本当に綺麗だといいます。

20091014 乗鞍岳

富士見岳の麓にて。
今回は最後の絶景ポイントとなってしまいました。
この時は北アルプス方面だと思っていたのですが、東方面でした。
奥のポッコリ出っ張っている山が鉢盛山。
残念ながら更に奥にある八ヶ岳までは見えませんでした。

20091014 乗鞍岳


稜線に出てしまってからは風がビュービュー。
ずっと風が当たるところはこの通り、凍り続けています。

20091014 乗鞍岳


1時間15分ほどで登頂。
さすがに景色は全く見えませんでした。

20091014 乗鞍岳

気温は-2.4℃!

20091014 乗鞍岳

極感のなか、rinちゃんの用意してくれたスープやホットサンドを美味しく頂き、下山しました。


帰りは自然薯の美味しい料理屋「茶茶」で夕飯。
僕は行けなかったのですが、5月にみんなで御在所岳に登った帰りに寄ったところと偶然にも同じ店だったそうで、麦先生とrinちゃんは興奮していました。
いや、ホントに美味かったです。

20091014 乗鞍岳

自然薯揚げもサイコーでした。。。

20091014 乗鞍岳

今年もあと少し。
あと一回登れたらいいな。

  1. 2009/10/19(月) 17:03:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

美濃和紙アート展

先日ブログで宣伝した撞木館のライブで、あかりを担当するアーティスト・梶田良 氏が「美濃和紙あかりアート展」に出店したので見に行ってきました。

20091011 美濃和紙あかりアート展

16回目になるこのお祭りは、1300年の伝統を誇る美濃和紙を使ったあかりのアート作品を全国から募集し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている『うだつの上がる町並み』全体を会場として展示し、コンテストをするもので、美濃和紙の柔らかさ、美しさを堪能することのできるイベントです。
歴史夢街道と呼ばれる城下町に、人が溢れかえっていました。

ちなみにこれがライトアップされた「うだつ」です。

20091011 美濃和紙あかりアート展

本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、江戸時代中期頃にると装飾的な意味に重きが置かれるようになる。自己の財力を誇示する為の手段として、上方を中心に商家の屋根上には競って立派なうだつが上げられた。

うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。

「wikipedia」より引用。


2日前にはうまくいかなくて全壊したと言っていましたが、なかなかどうして、初参加とは思えない作品が仕上がっていました。

20091011 美濃和紙あかりアート展

「光虫」と題されたこのあかりの中には名前の通り虫がたくさんとまっており、Comodoの両開きドアを作った氏のダイナミックさとセンスの良さが光るものでした。
これからが更に楽しみです。


…とまあ評論もどきなコメントは置いといて、時間がたっぷりかけられた緻密な作品が沢山並べられていました。

20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展


ちなみに大賞作品はこちら。

20091011 美濃和紙あかりアート展


小中学生の部では「豊かな海、豊かな森」というテーマのもと、一般部門にも負けない数のあかりが出品されていましたが、ある意味大人よりも自由な発想が楽しめる作品が多かったです。
こういうものにふれるとつい「ニヤリ」としてしまいますね。

20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展20091011 美濃和紙あかりアート展

うなぎの美味い店もあるとの事、うなぎを食べついでにまた散策に来たい街です。


  1. 2009/10/16(金) 23:50:13|
  2. オフその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休のライブ

10月10日(土) / ケニー・バレタ・カルテット
ケニー・バレタ(g)  市川清(pf)  桑江真一(b)  マッスグ・ローチ(d)

20091010 ケニーバレタカルテット

ほぼ毎月行われているライブですが、徐々にお客さんが増えてきています。
バレタさんの人柄ですね。
ベースの桑江氏が海外出張のため、しばらくのお別れとなるのは寂しい限りです。


10月11日(日) / 倉知まこと
倉知まこと(uk,vo)

20091011 倉知まこと

唄も演奏も一層磨きがかかって、倉知さんのハワイアンミュージックへの愛情がさらに深まったように感じます。
フラダンスが入ると華が増し、まだ見ぬ遠いハワイの島を思わずにはいられません。
生徒さんやファンの方も回を重ねるごとに増え続けています。


10月12日(月) / ポリゴン楽団
奥村俊彦(pf)  瀬利優彰(ts,cl)  照喜名俊典(tb,fgb)  木全希巨人(b)  神谷雄一郎(d)
feat. 谷向柚美(vo)

20091012 ポリゴン楽団20091012 ポリゴン楽団

童謡ジャズとオリジナルというコピーもおなじみになってきたポリゴン楽団、毎回子供がたくさんです。
童心を持ち続けている奥村ワールドが、自然への愛を思わせます。
柚美さんのリバーブがたっぷりかかった声が、何と言うか、宇宙です。
とてもいいバンドです。

20091012 ポリゴン楽団20091012 ポリゴン楽団20091012 ポリゴン楽団

照喜名さんが「子供は大きなものが目の前にあるとそれだけで怖い」ということをリトミックの先生に聞いたということで、大きな楽器には目玉が!
すごくキュートです。。。

  1. 2009/10/15(木) 23:51:15|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撞木館

先日、名古屋撞木町にある「撞木館(しゅもくかん)」に行ってきました。

撞木館

昔懐かしさを感じさせる落ち着いた佇まいの撞木館(旧井元為三郎邸)は和館・洋館・お茶室・蔵からなっており、玄関付近は洋館で、奥に進むとこの屋敷の中心となる日本家屋に続いています。約600坪の敷地があり、住居と庭園の調和の美しさに心打たれる屋敷のつくりです。
 この「撞木館」のある名古屋城の東の白壁・主税・撞木町のあたりは、江戸時代までは武家屋敷街だったそうですが、明治維新後に移り住んできたのは豪商や旧家、新たに成功した実業家たち。この屋敷の持ち主だった井元為三郎氏も陶磁器輸出などで財を成した人物で、大正末から昭和初期にかけてこの屋敷を建てました。
 平成8年に名古屋市の有形文化財に指定されて、名古屋城から徳川園に至る町並保存地区「文化のみち」の主なスポットの一つとになっています。

(気ままお出かけガイドより抜粋)

建物が老朽化し、個人では保存も困難なことから一時はなくなるかも知れないということだったそうですが、心あるボランティアの方々の想いが実り、名古屋市が買い取って保存が決まり、現在は美しく保たれています。昨年は耐震工事も行ったそうです。

当時は和館と洋館が一緒になった作りがモダンだったようですが、全然不自然ではなく今見てもお洒落です。
現在でも和室と洋室が一軒の家の中にあるのが自然なことを考えれば、いいところを上手くミックスする日本人の感覚は変わっていないなと思います。

和室には作家の食器が並んでおりギャラリーとして使われていました。

撞木館

庭園も見ごたえがあり、雨でも充分楽しめました。

撞木館

洋館2階は戦火を逃れるために蔵に保管されていたというステンドグラスが展示されていました。
1階にはカフェがあり、窓から庭園を眺めながらのコーヒーは絶妙です。


そしてこの撞木館和室でinaと殿岡さんがデュオでライブを行うことになりました。
“アーティスト”梶田良氏製作による「あかり」がともる中でのライブです。

10月21日(水)と11月11日(水)の2回。

第一回目は「オルガンと、うたのライブ」

ジャズやポップスをオルガンの音色に乗せてinaが優しく唄います。
虫の声と共にお楽しみ下さい。

うた    稲垣 英子
オルガン 殿岡 ひとみ
灯     梶田 良

日時  10月21日(水) open 19:00  start 19:30
チケット ¥1,500(ティーサービス付)


第二回目は「懐かしの童謡ライブ」

子供の頃口ずさんだあの唄この唄。
歌詞の中の美しい景色、
秘められたメッセージを紐解きながら
秋の一夜をお楽しみ下さい。

うた    稲垣 英子
マリンバ 殿岡 ひとみ
灯     梶田 良

日時  11月11日(水) open 19:00  start 19:30
チケット ¥1,500(ティーサービス付)

ご予約はmusic space K-onn(mail@k-onn.com)までお願いいたします。

乞うご期待!!




  1. 2009/10/14(水) 00:25:48|
  2. オフその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こまき 秋の音楽祭 2009

小牧市民会館のリニューアルに伴い、秋の音楽祭と銘打って新たなイベントが行われました。

20091003 こまき秋の音楽祭2009

ホールと


20091003 こまき秋の音楽祭2009
20091004 こまき秋の音楽祭2009

野外ステージと


20091004 こまき秋の音楽祭2009

ロビーステージと


20091003 こまき秋の音楽祭2009
20091003 こまき秋の音楽祭2009

講堂の各ステージで、クラシック、ジャズ、ポップス、ゴスペル、ミュージカル、ブラスバンドなど様々な音楽が同時進行で演奏され、小牧の街が音楽でにぎわいました。

雨が心配された野外ステージも2日間はすっかり晴れて、気持ちよく演奏が聴けました。

山下洋輔さんのカルテットなど、ほとんどのコンサートが無料で観られるという贅沢なイベントでした。

僕は講堂ステージの音響を担当させていただきました。
クラシックが主でしたが、沖縄民謡やアコースティックなポップスの演奏もあり、見ごたえのある演奏が聴けました。

メインは2日目のDanny Schwekendiek Trio。

20091004 こまき秋の音楽祭2009

ドラマーのRubenは殿岡さんのオルガントリオ「Tres」のメンバーとしてComodoで何度かお会いしていたので、僕の顔を見たRubenは驚いていました。

選曲は「Autumn Leaves(枯葉)」など秋にちなんだ曲が多かったのですが、「ちいさい秋みつけた」や「赤い靴」などの日本の童謡のジャズアレンジが特に楽しめました。

ボランティアスタッフの皆さん、名古屋芸術大学の先生や生徒さん、小牧市の職員の方々、お疲れ様でした。


帰り道は中秋の名月を見ながら店に戻ってきました。

20091004 こまき秋の音楽祭2009
  1. 2009/10/07(水) 03:35:58|
  2. その他のおしごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。