music space K-onn/Cafe Comodo

イベント/楽器の紹介、K-onn/Comodoの日常、ひとりごとなどを気ままに記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベンさん初演奏

6月28日(日) / 長瀬良司 × 後藤浩二 × 岡田勉
長瀬良司(tp)  後藤浩二(pf)  岡田勉(b)

20090628 長瀬良司×後藤浩二×岡田勉

玄人好みの、まさに日本のトップクラスのライブでした。
「ベンさん」こと岡田勉さんのベース、後藤浩二さんのピアノに両側からビシビシと刺激を受け、いつもにも増して長瀬さんのフレーズに勢いがありました。
リハーサルを全くしないであれだけのライブができるのは、百戦錬磨のミュージシャンだからこそ。
パワーが違います。
ドラムレスだったので、一つ一つの楽器の音がはっきりと抜けてきました。

岡田さんは初めてでしたが、優しくお話をしてくださいました。
またドラム入りのライブも観に行きたいと思います♪

すごい、の一言に尽きるライブでした。


スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 23:53:51|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックとジャズと

6月21日(日) / Modern Classics
安藤よしの(fl)  松永祐未子(pf)  伊藤玉木(b)  倉知誉(d)

20090621 Modern Classics

1月以来のライブ。
クラシックとジャズの融合というコンセプトのバンドですが、モルダウ、月光などの名曲をジャジーにアレンジしてあり、とてもノリがよく聴きやすかったです。
Fly Me To The Moonなどジャズのスタンダードと呼ばれるも、曲のサイズやメロディの流れ方が心地よく、Jazzミュージシャンが演奏するそれとはまた違った魅力がありました。

メンバーのキャラクターがそれぞれにみんな面白く、特に安藤さんのスパイシーなMCと伊藤さんの癒し系キャラがハマりました。
僕と伊藤さんとは顔は全然違いますが、雰囲気が似ているようです。
ライブ後二人でミョーに盛り上がってしまいました。
「ニタクーキ(似た空気)」なんていうユニット名もつけましたが、いったい何をやるつもりなんだか。

クラシックとジャズとが程よくミックスされ、MCでも笑いが耐えないModern Classicsの次回のライブは12月20日(日)、クリスマスライブです。


ちなみに今回のライブで演奏された「ラグタイム」という曲がよくて、誰の曲かと安藤さんに尋ねたところ、フランスのジャズピアニスト/作曲家クロード・ボランという人の、バイオリンとジャズピアノトリオのための組曲というアルバムに入っている曲で、他にもこのシリーズではフルート、チェロ、(クラシック)ギターなどのクラシック界の巨匠と競演しています。
チェロのための組曲ではヨー・ヨー・マが弾いています。
映画音楽も沢山作っている方のようで、色々聴いてみたいと思います。
早速Amazonで注文しましたが、カナダからの発送のため到着を待っています。

はよこーい。



Suite for Violin and Jazz PianoSuite for Violin and Jazz Piano
(2003/06/03)
Claude Bolling

商品詳細を見る





  1. 2009/06/27(土) 17:26:29|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルガンとピアノ

6月19日(金) / 成瀬順一トリオ
成瀬順一(org)  川野秀樹(g)  猿渡泰幸(d)

20090619 成瀬順一トリオ

この方の演奏は日本人離れしています。
魂があるというか。
今回はパフォーマンスは見られませんでしたが、その分演奏を楽しめました。

20090619 成瀬順一トリオ

今回は次の日ライブがある平光くんが飛び入り。
オルガンとピアノという、鍵盤同士のセッション。
面白かったです。

次は9月11日(金)、ゲスト・ヴォーカルありの豪華キャストでお送りします♪


6月20日(土) / 平光広太郎トリオ
平光広太郎(pf)  谷井直人(b)  馬見新俊之(d)

20090620 平光広太郎トリオ

ベース平光くん、ピアノ谷井くん…、とこれはリハーサル風景。
知っている人にしかわからない可笑しさがあります。


20090620 平光広太郎トリオ

で、本番。
次代を担う、若手ピアノトリオ。
それぞれが名のあるベテランとも競演を重ねてどんどん実力をつけています。
何より勢いがあっていいですね。
3人とも背格好がそっくりなので3人並んで後ろ向きに写真を撮ってジャケットにしたら面白そうです(笑)。


20090620 平光広太郎トリオ

飛び入りで側島さんが遊びに来てくださいました。
とても楽しげで格好よかったです。
こういうサプライズが聴くほうとしては嬉しいですね。





  1. 2009/06/27(土) 17:20:32|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月の定休日

明日からお天気が崩れるそうですが
今日はまるで真夏のような太陽です。
あっという間に今年も折り返し地点を過ぎ
来週からは7月です。
わたしはすでに少し夏バテ気味。
暑さに負けない体力づくりが今年の、いえ、今年も目標です。

オリーブ


cafe comodo、7月のお休みは以下のとおりです。

*cafe comodoの定休日
7/1(水).6(月).7(火).8(水).15(水).21(火).22(水).29(水)
 7/20は祝日のため営業させていただきます。
(基本定休日は毎週水曜日、第1.第3月.火曜日 営業時間11:00-19:00)

*music space K-onnの定休日は毎週水曜日です。
 7月7日は火曜日ですが、お休みをいただきます。
(営業時間11:00~22:00)



ハーブガーデンも少しずつ少しずつグリーンが増えてきました。
といっても力及ばず枯らしてしまった苗もいくつか。
何年も使われずにいた畑、少しずつ腐葉土を混ぜたりいろいろ。
焦らず、定着してくれた子を大切にしていきたいです。

レモンバーム

↑グリーンわさわさに見えるように撮った写真。
 レモンバームです


                    cafe comodo *rin


  1. 2009/06/27(土) 15:39:55|
  2. 業務連絡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月のFlower at classroom

6月の「Flower at classroom 」
テーマは「ベリーのリース」でした。
今の季節らしい青い実や花を中心にした
瑞々しいアレンジができあがりました。

0623flower1.jpg

秋色あじさいのピンク色が
甘さを添えて素敵です。

0623flower2.jpg

7月のテーマは「水辺の世界のブーケ」
すずしげな水辺の世界を表現した花束を作りましょう!

---------------------------------------

▼お知らせ
今まではPM13:00より一斉にスタートしていましたが
7月28日のレッスンよりPM12:00~14:00のお好きな時間に入室して頂けるようになります。

▼開催日 7月28日(火) PM 12:00~14:00に入室
     7月30日(木) PM 12:00~14:00に入室
     ※生徒さん募集中です。
     (体験レッスンございます。気軽にお問い合わせください!)
            
* お申し込みは1週間前までにお願いいたします。
* お休みのお知らせは開催日前週木曜日までにお願い致します。
 以後のキャンセルの場合は花材のお渡し、もしくは完成作品のお渡しになります。

▼参加費  4000円(1ドリンク付き)
▼持ち物  花切りばさみ、ハンドタオル、持ち帰り袋

▼講師   Swallow  坂本 文先生

ご参加お待ちしております!

  1. 2009/06/27(土) 13:30:54|
  2. Cafe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初の

recording1 hiroshi kawamura trio

Comodo レコーディングをしました。
7月20日(月・祝)に来るカワムラヒロシトリオです。
エアコンを切って録音したので中は暑かったですが(ギターのヒロシ氏は涼しげ)、とても楽しかったです。
これから編集作業です。
2曲入り¥1,000(税込)の予定。
乞うご期待!

  1. 2009/06/26(金) 12:59:21|
  2. その他のおしごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6/28(日) / 長瀬良司 × 後藤浩二 × 岡田勉

6/28(日) / music space K-onn presents Special Jazz Live
長瀬良司(tp)  後藤浩二(pf)  岡田勉(b)
open 13:30  start 14:00
ライブチャージ/¥3,500

nagasegotouokada

東海地方にこの人あり!数々のトップ・ミュージシャンとも共演し、人気・実力
ともに上昇中のトランペッター 長瀬 良司
肉厚で繊細、力強くもロマンティックな独自の世界を紡ぎだす、名古屋のみ
ならず日本ジャズ界で最も注目されているピアニスト 後藤 浩二
長年に渡りトップ・アーティスト達と数え切れないほど数多くのセッションを展開し続け、日本ジャズ・シーンを牽引してきたベテラン・ベーシスト 岡田 勉       
3人のジャズメンが織り成すドラムレス・トリオの真骨頂!
  1. 2009/06/22(月) 23:56:29|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えー、業務連絡です。

umbrella

梅雨になり、雨も多くなりました。
そんな中、駅の忘れ物ナンバーワンに輝き続ける傘。
僕もよく忘れます。
Comodoにも知らず知らずにこれだけたまりましたが、そろそろ処分しようと思います。
2週間後に処分させていただきます。
もしこの中に心当たりがございましたら、mail@k-onn.comまでご連絡下さい。

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  1. 2009/06/20(土) 15:57:48|
  2. 業務連絡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

きりん

6月14日(日) / P-4k × girafe
P-4k 杉丸太一(pf)  伊藤ともか(vo)  鈴木綾子(vo)  佐藤有介(b)  山下佳孝(d)
girafe 佐藤有介(b)  坂本マオ(vo)  中嶋錠二(pf)  上村計一郎(d)


満員御礼、すごく楽しいライブでした。

P-4kは昨年発売された1st Album 「In a Special Way」が渋谷でも発売され、好評を博しているとか。
新曲には日本語の曲もあり、さらに幅が広がっていい感じでした。
二人のヴォーカリストが全く違う雰囲気なので、何色にもなるバンドです。
夏過ぎに発売の2nd Albumも楽しみです!

P-4k


P-4kでベースを弾いている佐藤くん率いる「girafe(ジラフ)」は、佐藤くんの容姿から付いたあだ名「きりん」をフランス語にしたバンド名(英語綴りはgiraffe)。フロム東京。
日本語の「うた」を美しい旋律に乗せて聴かせるバンドです。
ヴォーカルのマオさんの歌声は、そんな日本語の「うた」がスッと耳に入ってくる声で、目を閉じて聴いていると柔らかく包み込まれるようでした。

girafe


P-4kでも書いていますが、佐藤くんの作る楽曲は詞も曲もナイスです。
ジャズの要素もありますが、基本的にはキャッチーで誰もが口ずさみやすいです。
本人も歌う「さようなら」という曲では涙を流す人も。
!st Album「朝のきりん」は必聴です。

girafe


最後の2組によるジョイントは演奏者もオーディエンスもみんなが楽しそうで、あっという間に時間が過ぎていきました。

p-4k & girafe


今回P-4kのお客さんに誕生月の方が2名、ご結婚される方が1組いらっしゃり、rinちゃんメイドのケーキの注文が入り、P-4kによる生唄付きの贅沢なプレゼントタイムもありました。

cake

happy wedding & birthday

お幸せに!!



  1. 2009/06/19(金) 23:41:18|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wine Party in Early Summer 2009

6月13日(土) / Wine Party in Early Summer

Wine Party In Early Summer 2009

マルマタさんとの共同での恒例となったこの企画。
ワインが好きな方はもちろん、食べる事が好きな方や話すことが好きな方に囲まれ、今回も盛り上がりました。

Wine Party In Early Summer 2009


ワインに美味しい料理とチーズは欠かせません。

Wine Party In Early Summer 2009
Wine Party In Early Summer 2009Wine Party In Early Summer 2009
Wine Party In Early Summer 2009Wine Party In Early Summer 2009


音楽はtotoloでお届けしました。

Wine Party In Early Summer 2009

次回は秋開催予定です♪
乞うご期待!


  1. 2009/06/17(水) 03:29:55|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Swallow2

6月12日(金) / 阪野秀和カルテット
阪野秀和(g) 武元理恵子(b) 木全希巨人(b) マッスグローチ(d)

前回から5日後にまたツバメ君たちが遊びに来ました。

Swallow


阪野さんのジャズギターカルテットが心地よく響くのを聴きながら

阪野秀和4


いつの間にか5匹(写真では4匹)に増えたツバメ達はぐっすりと眠っていました。

Swallow

今回は風がなく、フラッシュなしでも割と綺麗に撮れました。


  1. 2009/06/16(火) 23:18:30|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御嶽山再び

いよいよ来月に富士登山を控え、3,000mの高度に体を慣らすため、1年ぶりに木曽御嶽山に登りました。
残雪や天気のこともあり、昨年と同じ田の原からのコースを選びました。

御嶽山090610

ここで御嶽山の説明を貼り付けております。

御嶽山は北アルプスから一歩分離し、
周囲を円錐上に裾野を広げた巨大な独立峰で独特の風格を持っている。
南北3.5kmに及ぶ頂稜部には、最高峰の剣ヶ峰をはじめ、6つのピークがある。
昭和54年にそれまで噴火の記録がなかった御嶽火山が噴煙を上げ、
以来今でも強烈な噴気を上げている箇所もある。
また御嶽山は長い歴史を持つ信仰の山としても全国に知られている。
今でも夏の最盛期には、夜を徹して登る信者の明かりが麓から山頂まで続くこともある。
山と高原地図・・・御嶽山より抜粋


しかしさすがに時期的に早かったのか、人影はなく車は我々のほかには1台も止まっていませんでした(^^;)
気温も昨年に比べてかなり低かったです。
しかし、ショルダーバッグで登った昨年に比べてトレッキンググッズも少しづつそろえて、それらしい格好になってきました。

御嶽山は3,067mという高峰ながら7合目の田の原までは車で行けて、登山道も整備されているので、初級者向けのコースです。
田の原がすでに2,180mなので、標高差はわずかに887m。
だから日帰りが充分にできます。

始めはこんな感じで緩やかな砂利道が続きます。

御嶽山090610


信仰登山の山らしく、小さな鳥居や地蔵がいたるところに見られます。

御嶽山090610


徐々に溶岩がゴロゴロとしだしてハイ松帯になり、風や日光をモロに受けるようになります。
晴れていれば8合目辺りから見る眺望も感動ものですが、この日は一日雲に覆われ、来た道を振り返る程度しか出来ませんでした。

御嶽山090610御嶽山090610


8合目を越えてちょっと進んだあたりから雪道が続きましたが、雪道が終わる頃には頂上が近づいてきて、テンションアップ!

御嶽山090610


そして最初の頂上、王滝頂上に到着。
風が強く、神社の壁を風除けに。
ここに来るとかなり硫黄臭が強く、火山であることを思い出させられます。

御嶽山090610


そして「本当の」頂上、剣が峰へ。
油断すると帽子やメガネが飛んでいってしまいそうなくらい強い風に吹かれながら、雲で視界が真っ白の中ひたすら登りました。

御嶽山090610


雲が少し晴れ、頂上が見えました。

御嶽山090610


登頂時間10:45、約2時間半で剣が峰にたどり着きました。

御嶽山090610御嶽山090610


いや、とにかく寒いのなんの。
顔が真冬のようにかじかんで、上手くしゃべれません。

それでも、一瞬にして剣が峰を覆っていた雲が晴れ、周りが見渡せた瞬間は感激でした。

御嶽山090610御嶽山090610


この幻想的な景色が疲れを全て吹っ飛ばしてくれます。

御嶽山090610御嶽山090610

次こそは二の池や摩利支天山などお鉢巡りもしたいです。

御嶽山090610

またたく間に雲が辺りを覆い、美しい景色とオサラバとなりました。

風は標高が下がるにつれ弱くなって寒さとの戦いは終わりましたが、両足がプルプルとしてき始め、下山は毎回同様疲労との戦いになりました。
写真には撮れませんでしたが、雷鳥が見れました。

下り終わるとほぼ同時に雨が降り始め、出発する頃にはワイパー全開の大雨に。
天候の割には順調な登山でした。


帰りの道中ではお約束の猿にも出会いました。

御嶽山090610

次はどこに行きましょうかね、リーダー?

  1. 2009/06/11(木) 23:45:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Swallow

昨日のことですが、3階まで届こうかという巨大なユーカリの周りをピーチクパーチクと4~5匹のツバメが飛び回っており、その内の2匹ほどが縄張り争いに勝利し、2階の窓より少し高いところに見えるところに止まっていました。

急いで2階に駆け上り写真を撮ろうとしたのですが、わりとその頃は強風でユーカリがユサユサと右から左へ揺さぶられていて、どの写真もブレてしまいました。
これは20枚ほど撮ったうち一番ましな1枚。

Swallow

そんなブランコのような状態の中、今に落ちたり飛んで行ってしまいはしないかとハラハラしていたのですが、そんな僕の心配をよそに両足でしっかり枝をつかんだままグーグーと眠っていました。

SwallowSwallow

暗くなって来て、フラッシュをたいて撮ったのですが全くビクともせず。
あんな状態で鳥は眠れるんですね。
結局巣は作りませんでしたが、ツバメがたまに泊まりに来てくれるのはなんだか嬉しいですね。

また来ないかな。


  1. 2009/06/09(火) 00:00:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花の季節

お客さまから紫陽花をいただきました。
きれいなガクアジサイです。

bIMG_5154.jpg

はじめて白いガクアジサイをお友達の家で見て
そのひかえめな姿に感動し
はるばる三重から持って帰り挿し木に挑戦したものの
枯らしてしまった苦い過去を思い出しました...

bIMG_5162.jpg

本当にきれいです。


こちらもいただいた紫陽花です。

bIMG_5156.jpg

大好きな色合いです。
こんな色の浴衣が着てみたいな~


最後は紫陽花ではないですが...
今年、はじめてバラを育てて
はじめて咲いてくれたかわいこちゃんです。

bIMG_5164.jpg

うっとり...


Aさん、Iさん、ありがとうございました~♪


                   cafe comodo *rin




  1. 2009/06/08(月) 14:41:26|
  2. スタッフのひとりごと rin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤さん

6月6日(土) / 森を奏でるギタリスト 佐藤正美
佐藤正美(g)

佐藤正美
佐藤正美

半年に一度の定番になり、今回がもう4回目。
佐藤正美さんの生徒でありComodo常連のIさんは、佐藤さんが来るきっかけを作ってくださり、毎回ブッキングからチラシ、プログラム作成、送迎などまるでマネージャーのような働きをされているのですが、佐藤さんに東京で一緒に選んでいただいたというIさんの超高級ギター(Antonio Marin Montero)を、本番でメインギターとして(毎回ギターを持参しないため)佐藤さんに弾いてもらうと言う、ファンなら誰もが羨むような特権をもお持ちなのです。
今回は選曲も大半がIさんによるもので、Baden PowellやA.C.Jobim、オリジナル曲を中心とした選曲でした。
ボサノバはBadenも顔負けのエネルギッシュさとあまりにもジャストなリズムに圧倒されます。
オリジナル曲は自然をテーマとしたものも多いのですが、クラシックとボサノバを基調として上手くミックスされたボイシングがとても優しく、景色がすぐに浮かんできます。
サービス精神旺盛な方で、少し毒のあるMCが何とも笑えます。
ギター1本でこれだけ楽しめるライブはなかなかありません。

CDもあっという間にSold Out。
また追加発注しました。

次回は12月5日(土)です♪
  1. 2009/06/07(日) 22:48:41|
  2. ライブ/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クラチウクレレ KC-2 ML 入荷!

待ちに待った、クラチウクレレの入荷です。

Kurachi Ukulele KC-2 ML

クラチウクレレは、愛知県小牧市在住のウクレレ製作家 倉知 巌(いわお)氏の手によるウクレレで、30年間倉知楽器製作所としてギターに関わってきた氏が、1993年頃からウクレレの製作を開始し、97年 サザンオールスターズの関口 和之氏プレゼンツのCD「ウクレレカレンダー」にて、多数のミュージシャンの使用により、知る人ぞ知るウクレレとして名が広まっています。

Kurachi Ukulele KC-2 ML

息子の兄・誠さんはウクレレプレーヤーとして、弟・誉さんはジャズドラマーとして活躍し、当店でもお世話になりっぱなしの一家です。

倉知まこと倉知誉

クラチウクレレは、単板のみを使用したオーダーメイド・ウクレレで、『音』と『弾きやすさ』の両方を追求し、形にしています。
ボディが薄いコンサートサイズのウクレレなので、マホガニー特有の柔らかな響きに、低音が控えめで明るいサウンドがプラスされ、クラチウクレレ特有の音色が何とも心地よいです。
ボディが薄いので「ウスレレ」と呼ぶそうです(笑)
ネックはこのサイズにしては長めで、特にギター弾きにはすごくしっくり来ます。
鳴りは充分いいですが、まだまだ弾き込めばもっと音量が大きくなるでしょうね。

Kurachi Ukulele KC-2 MLKurachi Ukulele KC-2 ML

6月3日に完成したという出来立てホヤホヤのこのウクレレ、いつでも試奏OKです♪

Kurachi Ukulele KC-2 ML

「Kurachi Ukulele KC-2 ML」
BODY TOP:SOLID Mahogany
BODY SIDE & BACK:SOLID Mahogany
NECK:Mahogany
FLET:18F
¥94,500(税込)


  1. 2009/06/04(木) 23:21:49|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年6月イベント情報!!

6月6日(土) / 森を奏でるギタリスト 佐藤 正美
森を奏でるギタリスト 佐藤 正美 が待望の4度目のソロ・コンサートです。
ボサノバ・ギターの真髄をたっぷりお楽しみください!
前回見逃した人は必見です!
ご予約はお電話またはメールにてお願いいたします。
 佐藤 正美(g)
 ライブチャージ/予約 ¥3,000  当日 ¥3,500
 open 19:00  start 19:30

6月7日(日) / アフリカン・パーカッション・ワークショップ
セネガル人パーカッショニスト、Amanが来店。
心に響くアフリカンパーカッション ジャンベ をみんなで力いっぱい叩きましょう!
 時間 14:00~15:30
 料金 ¥2,500
 定員 10名
 場所 music space K-onn 2F グループレッスンルーム

6月12日(金) / 阪野 秀和 カルテット
名古屋・岐阜を中心に活動する、本格派ギターカルテットです。
 阪野 秀和(g) 木全 希巨人(b) マッスグ・ローチ(d) 武元 理恵子(pf)
 ライブチャージ/¥500
 open 19:00  start 20:00

6月13日(土) / Wine Party in Early Summer
地酒とワインのお店「マルマタ」水野さんのセレクトによる美味しいワインをお楽しみいただきます。
今回は初夏にぴったりの優しい自然派ワインをたっぷりとご紹介いたします。
爽やかなワインと共にミニライブも企画しています。
 時間:17:00~20:00   
 場所:Cafe Comodo
 会費:5,000円  お食事とワイン(10種類程度) & ミニライブ
 定員:30名

 お申し込みはCafe Comodoまたはマルマタまで。

6月14日(日) / girafe × P-4k
P-4kでもおなじみのベーシスト、佐藤 有介 率いる、「うた」を聴かせるバンド girafe(ジラフ)と、1st Album「In A Special Way」が
タワーレコードでも発売され、大人気のジャズユニット P-4k(ピー・フォーク)の対バンライブです。
girafeにとっては1st Album「朝のきりん」 発売記念ライブです!
 girafe 佐藤 有介(b,vo,melodion)  坂本 マオ(vo)  中嶋 錠二(pf)  上村 計一郎(d,per)
 P-4k 杉丸 太一(pf) 佐藤 有介(b) 山下 佳孝(d) 伊藤 ともか(vo) 鈴木 綾子(vo)
 ライブチャージ/¥2,200
 open 13:30   start 14:00

6月19日(金) / 成瀬 順一 トリオ
ファンキーな演奏にコミカルなパフォーマンスが人気の名古屋の重鎮オルガニスト、成瀬 順一 率いるオルガントリオです。
本格的なハモンドオルガンの音を聴かせてくれます!
 成瀬 順一(org) 川野 秀樹(g) 猿渡 泰幸(d)
 ライブチャージ ¥1,500
 open 19:00  start 20:00

6月20日(土) / 平光 広太郎 トリオ
数々のベテラン・ミュージシャンと演奏を重ね、評価もうなぎのぼりの若手ジャズピアニスト 平光 広太郎 率いるピアノトリオです。
 平光 広太郎(pf) 谷井 直人(b) 馬見新 俊之(d)    
 ライブチャージ ¥1,500
 open 19:00  start 20:00

6月21日(日) / Modern Classics
クラシックをベースにジャズを取り込んだ新しいコンセプトのバンドです!
 安藤 よしの(fl) 松永 祐未子(pf) 伊藤 玉木(b) 倉知 誉(d)
 ライブチャージ/¥1,500
 open 13:30  start 14:00

6月27日(土) / 飛び入り演奏会!
唄、ピアノ、ギター、サックス、ウクレレ等、楽器・ジャンル自由の参加型イベントです!
 プレイチャージ/¥500
 start 19:00

6月28日(日) / 長瀬 良司 × 後藤 浩二 × 岡田 勉
当店でも人気のトランペッター 長瀬 良司 が、渡辺 貞夫、増尾 好秋 等数々のトップミュージシャンの作品に参加し、ご自身も精力的に活動するベテラン・ジャズ・ベーシスト 岡田 勉 と、名古屋を代表するピアニスト 後藤 浩二 とのトリオでお届けする、スペシャルライブです。
ご予約はお電話またはメールにてお願いいたします。
 長瀬 良司(tp)  後藤 浩二(pf)  岡田 勉(b)
 ライブチャージ/¥3,500(予約/当日)
 open 13:30  start 14:00

  1. 2009/06/01(月) 23:03:03|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。